山岸 由花子(ジョジョ)の名言?/セリフ集 「絶対に!愛させてみせる!さもないと…。殺してしまうかも…。」

   2018/01/15





[スポンサードリンク]




 

山岸 由花子のセリフをマンガから抜粋し、集めた記事です。目次の各セリフをクリックすると詳細な会話を見ることができます。


 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

山岸 由花子 - ジョジョの奇妙な冒険

どっちなの!?あたしのこと!愛しているの!?愛していないの!?さっさと答えてよっ!

由花子
「あたしのこと、嫌いですか?

仗助、億泰
「!!おお~~っ

康一
「え?あ…あの嫌いって?いきなり…そ…そんなことは……ないですけど

由花子
「好きですか?

康一
「えっ!ちょっちょっと待って…そうじゃなくて…まだそのなんていうか突然、好きだとか嫌いだとか…は

由花子
「やっぱり嫌いなんですね。

康一
「え?ちがいますよ。ですからイキなりそんなこと聞かれても…。

由花子
「どっちなの!?あたしのこと!愛しているの!?愛していないの!?さっさと答えてよっ!こんなに言ってるのに!!

康一
「えっ!

由花子
「あーーっ。コーヒーこぼしたわ。あんたのせいだからねッ!

仗助、億泰
(…………………。

 

 

!!うええ!ペッペッ!なんだ、このコーラ。か…髪の毛が…こんなに入ってる。

由花子
「ハッ!

康一
「……………。

由花子
「あ……あの…つ…つい夢中になって……。あ…あたし、ひとりで勝手なことばかり言って……。そ…そうよね?すぐにきめられるわけないわよね…。ご…ごめんなさい!あたしって…。……。

(泣きだす由花子)

康一
「……………。

億泰
「な…なんかよ…。ふくらんだ風船がしぼんじまった気分だな~っ。康一の幸運(ラッキー)だとか…。オレのうらやましいだとかの気持ちは…。ビックリしたなあ~。あぶねーよあの女~~っ。ブッ飛んだなあー。

仗助
「ああ……。康一には知らんふりしてよーぜー。

由花子
「ところで、また…会ってくれますよね……?

(去っていく由花子)

康一
「…………………。

(コーラを飲もうとストローを口につける康一。しかし口の中に異物があることに気づく。)

康一
「!!うええ!ペッペッ!なんだ、このコーラ。か…髪の毛が…こんなに入ってる。

 

 

これ康一くんのためにあたし…朝までかかって編んだんです……。

由花子
「それでおわびの印といっちゃなんなんだけど…。

康一
「………。

由花子
「これ康一くんのためにあたし…朝までかかって編んだんです……。よかったわ!ピッタリだわ!身長と胸囲は知ってるけど肩幅があうかどうかが心配だったの。お守りもつくったのよ。すてきな「愛」がみつかりますようにって。

康一
「…………。

由花子
「それとね…お弁当もこしらえたんです。お昼まだでしょ?いっしょに食べようかと思って…。このエビのワイン蒸しは今朝市場まで行って買ってきたの。水揚げされたばかりのエビだからお魚屋さんにも売ってない新鮮さなのよ。これはヒラメのムニエル…おいしそうでしょう?あたしが一本一本、骨をトゲ抜きでとったのよ。

 

 

しっかりと栄養をとらないと…あたしのために「りっぱな男の人」になれないわよ。

由花子
「さ…席について…。育ちざかりですものね…。しっかりと栄養をとらないと…あたしのために「りっぱな男の人」になれないわよ。

康一
「…………。

 

 

愛している人のものなら誰だって、ウンコだろうが、鼻汁だろうが平気でしょう?

康一
「……。

由花子
「それに…愛している人のものなら誰だって、ウンコだろうが、鼻汁だろうが平気でしょう?気にするのは変だわ!むしろあなたのパンツ洗たくしてる時、あたし幸せを感じたのよ…。

康一
「~~~~~~~~~~~~~!!

 

 

絶対に!愛させてみせる!さもないと…。殺してしまうかも…。

康一くん……。由花子…さっきまではあなたをりっぱな男の人にしようと思ってたけれど、これからはちがうのよ……。

あたしのことを愛するようになるまで、この家を出さないわ。絶対に!愛させてみせる!

さもないと…。

殺してしまうかも…。

 

 

早く康一くんをおとなしくさせなくっちゃ。カワイイ康一くんはあたしのものなんですからね。

あいつらか…。康一くんはあたしのものよ。絶対に誰にも渡さないわ。

早く康一くんをおとなしくさせなくっちゃ。カワイイ康一くんはあたしのものなんですからね。

 

 

「好きじゃあない」って言ってごらんなさい…。あなたを今ここでこの家ごとひきちぎって殺すわ。

由花子
「ところで……もういっぺんだけ聞くわ……。あたしのこと好きよね?……?

康一
「…。

由花子
「………。もし「好きじゃあない」って言ってごらんなさい…。あなたを今ここでこの家ごとひきちぎって殺すわ。

 

 

あなたが死ねば、あなたは永遠にあたしのものになる。

由花子
「あなたが死ねば、あなたは永遠にあたしのものになる。あたしだけの心の中の思い出に一生残るものね……。さっさと答えなさいッ!

康一
「言ったってわからないから、こんな目に遭ったんだよボクは!嫌いだっていってるんだよ。君にすでにさあ。

由花子
「!!ブッ殺すわッ!康一くん!

 

 

誰だろーとあたしの美貌をちょっとでも傷つけることはゆるさないわッ!

由花子
「よぐぼォ!あたじにごんなごどをおおおっプ!あだしの大切な髪の毛がまっ白になってるわッ!このヘナチン野郎があああーーーー!

康一
「う…うあああああ

由花子
「あんたのことを好きだったわッ!好きだからこそあたしはあんたのためにいろいろとしてあげたッ!でもッ!あたしの美しい顔をこんなにしたのはゆるせないわッ!誰だろーとあたしの美貌をちょっとでも傷つけることはゆるさないわッ!

 

 

 




[スポンサードリンク]




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。