ヤンデレを彷彿させるBGM、OST集 全3曲 (最上級の愛は狂気を孕んで、Chocolate Lovely、34 ibiza spliff)

   2017/11/05





[スポンサードリンク]




 

声なしのヤンデレ曲についてまとめた記事です。


 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

解説

声なしのBGM、OSTでヤンデレをイメージさせる曲たちを集めてみました

個人的にヤンデレっぽいなと感じた声なしの曲を集めてみました。

キレイな音色なのにドロドロとした不穏な音が流れたり、濃厚な重音で誘惑するかのような曲調はヤンデレを思わせます。

あくまで個人的にヤンデレっぽいなと感じただけなので、人によっては違和感があると思います。その点はご了承ください。

 

 

 

BGM、OST集

最上級の愛は狂気を孕んで - 未来日記

未来日記のヤンデレヒロイン、我妻由乃が登場するシーンで流れるBGM。優しいオルゴールが流れるのに不穏でおどろおどろしい音色が混ざっているので、強烈な不安を感じさせます。

ヤンデレの重い愛が伝わってくるかのような曲調です。もしくはヤンデレに執着されてしまった人の恐怖を表しているのかも。

ヤンデレに目をつけられたら、あなたはもう逃れられない…。

 

 

Chocolate Lovely - Amon Tobin

曲名は「Chocolate Lovely」、チョコレートのように濃厚でドロドロした愛情。甘ったるく病みつきになるチョコレートはヤンデレに近いものを感じさせます。

チョコを食べ続けてチョコレートジャンキーになってしまったら、もはやチョコなしでは生きられない。

朝も昼も夜もチョコ。チョコを食べている時が幸せのひと時。何日も食べなければ禁断症状が出て正気ではいられない。チョコのことしか考えられない。あの味がやめられない。チョコを早く食べたい。チョコを側に置いてかないと。チョコチョコチョコ…。

ヤンデレの心理もこうした中毒者と同じなのかもしれません。

 

 

34 ibiza spliff - Aphex Twin

優しい音色で深い深い眠りに誘うかのような曲調なのにどこか不安を感じさせる雰囲気は、まるでヤンデレの慈愛と闇に満ちた精神の奥深くへと墜ちていくかのよう。

重すぎる愛という不快感と、母親の懐で安らぐような安堵感がぐちゃぐちゃに混ざった気持ちこそが、ヤンデレという魅力を表しているのかもしれません。

 

 

 




[スポンサードリンク]




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。