ヤンデレ狂気の4つの特徴、5つの恐ろしい行動、口癖ベスト5。尽くしまくる!排他的!犯罪者!

   2018/01/03





[スポンサードリンク]




 

ヤンデレと呼ばれる人たちの恐ろしさについて解説した記事です。


 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

解説

ヤンデレという存在について徹底解説

一定の需要と畏怖を得ているヤンデレと呼ばれる人たちの特徴についてまとめてみました。

ヤンデレは怖い、ヤンデレは狂っている、そう恐れられている理由はなぜなのか、この記事でヤンデレの特徴から行動パターン、そして口癖についてまで徹底的に解説していきます。

またヤンデレはメンヘラと混同されがちなので、それぞれの違いについても説明しています。

2つの違いについて詳しく解説した記事は以下を参照にしてください。

メンヘラとヤンデレを表で比較。違い18個、共通点6個を元に見極める

 

 

恐怖の特徴

ありえないほどに尽くしまくる貢ぎタイプの最狂版。病んでいるほどにデレッデレ

ヤンデレはとにかく相手に貢ぎまくることに喜びを感じます。また貢いでいることに罪悪感を抱くこともありません。

そして依存度が高すぎることもあって、自分自身の意見や価値観さえも好きな人の考えへと変化させていきます。「私の考えはあなたの考え。私の夢はあなたの夢。」

一般的な貢ぎタイプの人なら、見かねた友人などが止めてくれますが、ヤンデレには友だちがいないので暴走一直線。

冷静で論理的に物事を考えられるのに、「ただ1人のためにすべてを捧げる」という行動原理がヤンデレの恐怖の根源とも言えるでしょう。

会長のためなら何だってしてきた。

私の時間、私の労力、私の倫理、私の全存在!

すべては会長のためにあり、すべてを尽くしてお仕えしてきた。

それでも会長が私に振り向いて下さらないなら…

私に努力が足りないというだけの話!

五十嵐 清華(賭ケグルイ)の名言/セリフ集 「せめて私は最期まで会長の望まれることを叶えて差し上げよう。」

 

 

好きな人には全開オープンだが、それ以外の他人には超排他的、無関心

とにかく自分と好きな人の2人だけいれば世界が成り立つため、それ以外のあらゆる事象はどうでもいいと考えています。

そのため、好きな人に関すること以外はどうなろうと知ったことではない、と全くの無関心。

しかし自分たちの関係を脅かしたり、好きな人を傷つけるようなことをすればヤンデレは烈火の如く怒り狂います。

狂気とも言える一途さには、よそ者を嫌う村社会の住民さえも「もうちょっと外側の人間とも歩み寄ってもいいんでない?」とアドバイスしたくなるほど。

レッドドラゴン
「おぬし、世界のこれからについては考えぬのか?

イウヴァルト
「俺は……フリアエさえいればいい。フリアエのいない世界など、とっとと潰れたらいいのだ!はははは、あははは!

イウヴァルトの名言/セリフ集 「フリアエのいない世界など、とっとと潰れたらいいのだ!」

 

 

過去に深い心の傷を負っている(強烈な孤独を味わっている)

ヤンデレという恐怖の存在になってしまうのは、それ相応の理由があるからです。

まだ幼く、どうしようもなく無力な時期に大きな闇を抱えるからこそ、ヤンデレへと変貌してしまうのです。

親から虐待を受けていた、学校で虐められていた、貧乏生活で差別されていた、生まれつき体が弱くて孤立していた、才能を持つがゆえに凡才たちから疎外されていた、など深い傷になる原因は様々です。

心に深い傷を負っている分、大きな癒しを求めようと心は反応します。だからこそ行きすぎな行動をしてしまう。

「好きな人を愛しすぎるがゆえに、ヤンデレになる。」のではなく、「過去に精神的な傷を深く負っているからヤンデレになる。」ということです。

また過去のつらい経験が原因で、ヤンデレには潔癖症が多い傾向にあります。不当な理由で攻撃する人間を汚らわしいと見下し、物理的な面でもキレイ好きになっていきます。

それに伴って貞操観念も極端に高くなります。身体を許すのは好きな人以外は絶対にムリ。好きな人以外は人間とさえ思っていないフシもあります。

…再不斬さんはボクが血継限界の血族だと知って拾ってくれた。

誰もが嫌ったこの血を…好んで必要としてくれた…。

嬉しかった…!!

ハク(NARUTO)の名言/セリフ集 「誰もが嫌ったこの血を…好んで必要としてくれた…。嬉しかった…!!」

 

 

冷静だが倫理に欠けている

社会の秩序よりもただ一個人のためだけに。一般素養は身についているヤンデレですが、状況次第では超えてはならない一線をも踏み超えます。

好きな人が望むのなら犯罪だって犯せるし、好きな人が犯罪を犯してしまったのなら、かばうために自分をも犠牲にする。

物事を冷静に考えられる力はあるのに、好きな人を結びつけるとどうしようもなく盲目的になってしまいます。

人がためらうところを、好きな人がいるだけで簡単に乗り越える。これを愛と捉えるか、狂気と捉えるかは人それぞれ。

詩音
「あんたは悟史くんが叔母のせいで追い詰められていた時も、何も救いを差し伸べなかった。見殺した!!

私は救おうとがんばったよ!あんたらが悟史くんの叔母殺しを庇わなくても!私は彼のアリバイのために自らを投げ打って戦った!その結果が爪3枚なんて安いもんでしょ!?

園崎詩音(ひぐらし)の名言/セリフ集 「悟史くんを祟りに取り込んだ連中を全て葬った!!全て!!全て!!」

 

 

 

危険な行動

好きな人をよく知ろうと行動し過ぎるストーカー(無自覚)

好きな人と1分1秒でも長く一緒にいたい、好きな人から気に入られたい、好きな人のことをもっと知りたい、と思うあまりにあらゆる情報収集を行います。

本人から色々と話を聞くのは当然のこと、周囲の人間からも情報を聞き出したり、それでもまだわからない部分があれば、自らの足で好きな人の行動をチェック(監視)します。

何時ごろ帰宅するのかと家のすぐ近くで張っていたり、朝何時ごろに起きて何をするのかと窓から盗撮。ほんの小さなことでも好きな人の情報を知りたい。だから時には無断で部屋にお邪魔(侵入)して部屋に置かれている物などをチェック。探偵業も真っ青の情報収集能力を持つのがヤンデレです。

ヤンデレには好きな人の行動をまとめた記録帳を必ず持っていることでしょう。そこには好きな人の予定、行き先、行動パターン、人間関係などがびっしり…。

由乃
「私の「日記」はね。「雪輝日記」よ。雪輝の未来を10分刻みで把握する私の愛の「未来日記」

雪輝
(10分刻み…!!?って、今までコイツ10分刻みで僕のことを日記につけてたって事か…!?

由乃
「だからユッキーの「未来」は、由乃のものだよ。

雪輝
(超ストーカーだよっ!!!

我妻由乃の名言/セリフ集 「大丈夫よ。由乃が守ってあげるもの……。ね、ユッキー。」

 

 

好きな人に近づくのは誰であろうと制裁を加える狂犬

好きな人を傷つけるやつは誰であろうと絶対に許さない。自分と好きな人の関係を脅かす者は排除すべし。

ヤンデレが唯一感情的に怒るのは、好きな人が貶されたり、肉体を傷つけられた時。

恐ろしい形相で敵を睨みつけ、いつ飛びかかってくるかもわからない気迫には、一歩近づくことさえもためらうでしょう。

また自分以外の誰かに好きな人を取られてしまうことを恐れるため、好きな人に近づこうとする異性を物理的、精神的に攻撃して排除します。

決して好きな人に向かって「私だけ見てよ!!」とクギをさすようなことはしません。あくまで攻撃対象は外なのがヤンデレの考え方です。

ミカサ
「何か…ひどいことはされなかったの?体を隅々まで調べ尽くされたとか、精神的な苦痛を受けたとか。

エレン
「ね…ねぇよ、そんなことは。

ミカサ
「あのチビは調子に乗りすぎた…。いつか私が然るべき報いを…。

エレン
「…まさかリヴァイ兵長のことを言ってるのか?

ミカサ(進撃の巨人)の名言/セリフ集 「エレンは私と一緒にいないと早死にする。」

 

 

独占するためなら孤立、誘拐、監禁も辞さない犯罪者

好きな人に振り向いてもらえない、好きな人にはすでに思い人がいる。そんな時、ヤンデレは強引に孤立させる状況を作ったり、誰も近寄れないところまで誘拐し、外へ出さないように監禁したりもします。

ここで誤解しがちですが、メンヘラのように好きな人に向かって暴力をふるったり、罵声を浴びせて思考停止させるようなことはしません。

あくまで自分だけを見てもらうために、引き離すことさえできれば目的は完了。ヤンデレにとって最も大切な存在である好きな人を傷つけるようなことはしません。

といっても、好きな人を孤立させることは、好きな人の心を傷つけている行為と言えるでしょう。

シン
「なぁに~~きこえんな~~~。その程度でおれの心が動くと思っているのか~。

ユリア
「あ…愛します!!一生どこへでもついていきます!!

シン
「フッ…フフフ。フハハハハ、きいたかケンシロウ。おれを死ぬほど嫌いだといった女が!!女の心がわりはおそろしいのぉ!!フハハハ行くぞ!!

シン(北斗の拳)の名言/セリフ集 「おれが欲しかったものはたったひとつ、ユリアだ!!」

 

 

あらゆる事を自分の都合の良いように曲解して受け取る妄想癖

好きな人に対してあまりにも妄信的に信じ切ってしまっているので、好きな人の話をまともに解釈できなくなるのが、ヤンデレの怖いところ。

なので自分の意見をヤンデレに伝えたと思ったら、まったくの見当違いに伝わっていた、ということも少なくありません。

ただ、ヤンデレは好きな人の話は全部ポジティブに曲解して受け取るので、ケンカが起きることがまずないため、考え方によってはメリットかもしれません。

とし
「だっ…だいたいおまえは俺をなんだと思ってるんだ!!さんざん尾け回して……あげく袋詰めとかしやがって……。愚かな人類めー!!


「ああ……とし君が私を叱ってくれてる~~…!!私のためを想って……。とし君が私のことを…心を鬼にして叱ってくれてるんだ……。もっと叱ってとし君ーーーー!!私、反省するからー!!

長妻咲(つまさきおとしと私)の名言/セリフ集 「とし君が私を叱ってくれてる~~…!!私のためを想って……。」

 

 

好きな人を失った時に、原因となった人間へ復讐に走るリベンジャー

守るべき対象、大好きな人を失ったヤンデレは、自分の支えとなっていた柱を失ったことによって最後は破滅へと向かいます。

自分の大切な人を殺した人間に、必ず報いを受けさせるための復讐劇を始めます。一時的な感情ではなく、必ず復讐を果たすまで折れることのない悲しい信念。

復讐を果たしたその後のことなんか知ったことではない。激昂を通り越して、恐ろしく冷徹に淡々と復讐の準備へと取り掛かり、実行へ移していくことになります。

スネーク
「俺を殺す。ただそれだけの為に?

ナオミ
「ええ…。そう、2年。この2年間、ずっとあなたを待っていた。あなただけを…。恋焦がれるように…。

ナオミ・ハンター(MGS)の名言/セリフ集 「私は復讐を誓った。兄を廃人とし、あの人を殺したあなたに。」

 

 

 

口癖ベスト5

1位 好きな人の名前

もはや口癖というか信念というか教義というか思考そのものとさえも言えます。

ヤンデレにとっては大好きな人がいてこそ世界が成り立つので、好きな人の名前こそがこの世で最も価値のある言葉と言えるでしょう。

愛でも殺すでもなく好きな人の名前こそが、ヤンデレの口癖で一位にふさわしい言葉です。

大丈夫だよ、ユッキー。ユッキーは元々死んだような人間だった私に、未来を与えてくれた……。ユッキーは私の生きる希望。でも……それも叶わないなら、せめてユッキーのために死ぬわ!そして死んでも、私はユッキーを追い続ける。

我妻由乃の名言/セリフ集 「大丈夫よ。由乃が守ってあげるもの……。ね、ユッキー。」

 

 

2位 あなたを守る!

ヤンデレと言えば、何かと流血シーンをイメージする人が多いですが、実際のヤンデレたちはとにかく好きな人を守りたいと常に考えて行動しています。

自分たちに近づく敵をぶっ殺したいなどと物騒な事を考えているわけではなく、好きな人を守るためにやむを得ず戦っているだけに過ぎません。(多分)

好きな人を守ることが自分の存在意義といっても過言ではありません。好きな人に自分を捧げることが至上の喜びなのです。

ミストバーン
「………私は…幾千年も前からもともと一人だった!

一人でバーン様を守りぬいてきたのだ!!!

ミストバーンの名言/セリフ集 「…大魔王さまのお言葉はすべてに優先する…。」

 

 

3位 ○○を殺す…。

ヤンデレ=鮮血のついた刃物を持つ狂人のイメージを強く浸透させた言葉と言ってもいいでしょう。

好きな人に手を出そうとする者は殺す。好きな人に危害を加える者は殺す。好きな人と自分の関係を脅かす者は殺す。

まるで飛んでいる蚊を叩き潰すかの如く、バンバン殺しまくるその姿には戦慄を感じさせます。

また怒らせたヤンデレは非常に恐ろしく、相手が苦しみ抜いてから殺そうとする残虐性をも秘めています。

ヴァニラ・アイス
「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーーーーッ(プッツン)

暗黒空間にのみ込むのは一瞬だッ!それでは私の怒りがおさまらんッ!

キサマが悪いんだ!キサマがッ!

わたしを怒らせたのはキサマだッ!キサマが悪いんだ!

思い知れッ!どうだッ!思い知れッ!どうだッ!どうだッ!

どうだ!どうだッ!どうだァァァァァーーーッ!

ヴァニラ・アイスの名言/セリフ集 「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーーーーッ」

 

 

4位 大丈夫だよ。

好きな人を守るためや、好きな人に少しでも楽になってほしい気持ちから優しく、「大丈夫だよ」と声をかけます。

ヤンデレは好きな人を想う気持ちには自信がある(自分を犠牲にしてでも助ける)ので、一時の安心のために発言しているのではなく、「自分がいるから絶対大丈夫。」と言うのです。

類語として「心配するな」、「怖くないよ」、「安心して」などがあります。

フリアエ
「……イウヴァルト……。

イウヴァルト
「神は死んだぞ、フリアエ!神はもういないんだ! 自由だぞ!ハハハハハハハハハハハハハッ!だいじょうぶ、だいじょうぶだからな。怯えるな。だいじょうぶだから……。俺達にはやるべきことがあるんだ。

イウヴァルトの名言/セリフ集 「フリアエのいない世界など、とっとと潰れたらいいのだ!」

 

 

5位 …会いたい。

大切な人を失ったヤンデレは後追いをせずに、再び会う方法を模索することもあります。

死んだ人は生き返らないという、どうしようもない現実すらもなんとかしようと抗うのもヤンデレの狂気性を感じさせます。

もしくは自分の脳の中に好きな人の幻想を作ることで、現実逃避をすることもあります。はたから見ればただのアブない人ですが、ヤンデレにとってはそれが幸せなのです。

ゲンドウ
「ユイ…。ようやく…会えた…な……。この時を…ただひたすら待ち続けていた…。

ユイ
「………。バカね。私はずっと、あなたの側にいたのに。

ゲンドウ
「死ぬ…のか、私は。

ユイ
「そうね…。私たち、生命の理に背いたものね…。

ゲンドウ
「ずっとおまえに会う…ことだけを考えていた…その報いがこれか…。

碇ゲンドウ(エヴァンゲリオン)の名言/セリフ集 「母親の…ユイの愛情を一身に受けるおまえが妬ましかった。」

 

 

 




[スポンサードリンク]




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。