[感染注意]メンヘラ6つの性格、暴力的な7つの症状、4つの治し方 「愛して?」、「うそつき」、「死にたい」

   2018/01/03

目次





[スポンサードリンク]




 

メンヘラという性質について解説した記事です。


 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

解説

メンヘラという存在について

メンヘラはとにかく愛されたいと考え続ける心の余裕がない存在です。そうなってしまうのは生い立ち、環境が原因です。

親とのふれあい、友人と遊んだりなど本来得られるものを得られず、暴力や暴言、孤立など不必要なものを食らわされていたことで、メンヘラという存在が築き上げられます。

だからメンヘラは、幼少期に得られなかった愛情の分だけ、むさぼるように恋人に愛を要求します。

そして恋人がメンヘラについていけなくなり自分の元から離れていったら、新しい寄生先を求めて新たな出会いを求めます。

良くも悪くも、感情というのは相手に影響を与えます。ストレスや怒り悲しみといった表現がこの記事には多く含まれており、読んでて気が滅入るので安易に読まないようにお願いします。

 

 

 

性格

王様、女神気質の考え方 自己顕示欲が強く、好きな人はペット扱い

 
とにかく自分のことを認められたいという欲求が強く、誰よりも上の立場に立ちたいという王様のような思考をしています。悪く言えば、かまってちゃん。

そして王様に仕えるのに相応しい下僕もまた欲しいと考えています。すなわち、恋人という関係はメンヘラにとって、ペットのような存在を意味します。

自分の言うことには従順に従い、自分が今言ってほしい言葉を的確に言える、そんな無理のある要求を恋人に求めます。

もし自分の言うことを聞かなければ、必死に説得したり罰を与えて教育(調教)します。「わかってくれ」、「これも愛だから。」などと言って。

我欲の強いメンヘラの恋人になる、というのは多大な根気を必要とします。そしてメンヘラの気分次第で、いつか捨てられる時が来るのを受け入れる覚悟も必要です。

あいつらか…。康一くんはあたしのものよ。絶対に誰にも渡さないわ。

早く康一くんをおとなしくさせなくっちゃ。カワイイ康一くんはあたしのものなんですからね。

山岸 由花子(ジョジョ)の名言?/セリフ集 「絶対に!愛させてみせる!さもないと…。殺してしまうかも…。」

 

 

特定の分野に秀でているので自信家 高学歴、容姿が良い、スポーツ音楽で評価を得ているなど

親の方針や生まれつきの才能などで、一つの分野で優れた能力を持っていたりします。

そのため、かなりの自信家で人を見下しているところもあり、自分のことを何よりも特別だと思っています。

なので自分のことを悪く言うのは他人は当然のこと、恋人ですらも本気で怒ります。

非常にプライドが高く何かと発言したがるため、メンヘラと付き合っている恋人とはいつもケンカが絶えません。

あんたのことを好きだったわッ!好きだからこそあたしはあんたのためにいろいろとしてあげたッ!でもッ!あたしの美しい顔をこんなにしたのはゆるせないわッ!誰だろーとあたしの美貌をちょっとでも傷つけることはゆるさないわッ!

山岸 由花子(ジョジョ)の名言?/セリフ集 「絶対に!愛させてみせる!さもないと…。殺してしまうかも…。」

 

 

暗い過去を持ち、孤独を何よりも恐れる

親に愛されずに育った、学校で虐められていた、など他人には言えない暗い過去を持っていたりします。

そのため、孤独を何よりも恐れ、どんなことがあってもそばにいてくれる人を欲しがります。

自分が何をしようとも、ついてきてくれる存在。まるで自分なしでは生きられないペットのような人間を、自分のそばに置きたいとメンヘラは考えています。

カチュア
「私はあなたを失いたくないのよ!…わからないの、私の気持ちが?たった二人の姉弟なのよ…。ときどき夢を見るのよ。あなたがいなくて、ひとりになってしまう夢を。

デニム
「姉さん、それは夢だよ。僕は姉さんのそばから離れたりはしない、絶対に。

カチュア
「私は恐いの…。ひとりになりたくない。ひとりでは生きていけないわ…。

カチュア(タクティクスオウガ)の名言?/セリフ集 「どうして私を置き去りにしたの?どうして一緒にいてくれなかったの?」

 

 

社会的地位を意識しているので礼儀正しい ※適応できなくて孤立している場合もアリ

自己顕示欲が強いので公衆の前では非常に礼儀正しく、相手を気遣い親身に振る舞うかのように接します。

社会に馴染めず孤立しているメンヘラの場合は、自分のことを低く評価して、度を越えた謙虚さを振る舞います。「僕みたいなゴミがこんな所にいてごめんなさい。」

そのため、一見メンヘラであるかどうか見分けることができません。「この人礼儀正しいんだな。」と好感を抱いてしまったら、一つ目のワナにハマったも同然。

メンヘラは親しくなればなるほど暴力をふるってきたり、ヒステリックに叫び回るなど、恐ろしい姿を見せます。

まゆみ
「大学受験は自分の意志で決めました。

神堂
「自分の成績の範囲内から選んだだけでしょう?心の底からこうしたいという欲求の話です。私にはあります。私はまゆみさんがどんな人間であろうと、絶対に離さない。もし死にたいのなら、私の事も刺しなさい。心から愛してるよ、まゆみ。誰に付いてくかは自分で選びなさい。

神堂大道(ウシジマくん)の名言?/セリフ集 「では、抜き打ち電話履歴チェックの時間です。」

 

 

惚れっぽいのですぐ人を好きになる、ついていく

運命の人といつか出会えることを信じており、過去の暗いトラウマも相まって、すぐに人のことを好きになってしまいます。

孤独を何よりも恐れているため、1人でいるぐらいなら誰かといたいとメンヘラは考えます。

だから出会って間もないのに、すぐに相手の言うことを信じてしまったり、体を許してしまったりします。

結果、メンヘラ女性はいわゆる「チョロい女」、「尻軽ビッチ」などと罵られ嫌われます。メンヘラ男性は「女にだらしない女々しい男」。

デニム
「姉さん……。

カチュア
「私はあなたの姉になりたかった…。ううん、姉じゃなくてもいいの。ただ、誰かの側にいたかった…。私を必要としてくれる人の側にいたかった……。

カチュア(タクティクスオウガ)の名言?/セリフ集 「どうして私を置き去りにしたの?どうして一緒にいてくれなかったの?」

 

 

弱者を好み、餌付けしたり助けたりして依存させようとする

どんなことがあっても自分についてきてくれる存在をメンヘラは求めているため、自分なしでは生きられない弱者を選び、生活費を工面したり、力になれることはできうる限り行おうとします。

自己主張の少ないおとなしい人、過去に虐待を受けていた人、自分でお金を稼がないヒモなどをメンヘラは好み、自分の持つ財産や時間を切り与えます。

そして相手がすっかりメンヘラに依存するようになれば、メンヘラの情緒不安定な心のお世話係となります。

メンヘラの怒りや悲しみをなだめ、慰めてあげることでメンヘラは対価を得て、場合によっては対価以上のものを得ようともします。

メンヘラは王様気質の性格なので、自然と自分より弱い者を従えさせようとするのかもしれません。

神堂
「おい!!怒鳴らないと分からんのか?いくらだ!?

まゆみ
「ひっ、200万円くらいです。

神堂大道(ウシジマくん)の名言?/セリフ集 「では、抜き打ち電話履歴チェックの時間です。」

 

 

 

症状

出会って間もない頃は恐ろしいぐらいに優しい

知り合い程度の関係でいる間は、恐ろしく優しく接してきます。親身に話を聞いてくれたり、困った時には助けてくれたりなど、頼れる人として接しようとします。

しかし時折、恋人に対してするようなこともするため、過剰なまでに親切を押しつけたりもします。

そして一緒に食事に行ったり、プライベートでも会うようになったりと、だんだん関係が深まると、本性を表すかのようにメンヘラ気質な行動が目立つようになります。

つき合ってもいないのに、「あの女はだれ?私以外の異性と連絡を取らないで。」と束縛したり、「どうして私の気持ちが分からないの?」などと厚かましさが露呈してきます。

仲良くなるまでメンヘラかどうかがわかりにくいため、知らず知らずのうちに深みにはまってしまうのが恐ろしいところです。

沼田
「畑山くんの分も作ってきたんだよォ。一緒に食べよ。

畑山
「え!?

沼田
「昨日、僕の作った弁当見て、誉めてくれただろ?だから作ってきてあげたんだよォ。

畑山
「………。(ゾッ…

沼田幸一(ウシジマくん)の名言?/セリフ集 「俺がどんだけお前のコトを思っていると思う?え?え?」

 

 

好きな人と2人きりになると不安になったり大好きだったりと情緒不安定

好きな人の前ではとにかく素直なので、楽しい時も不安な時も正直です。好きな人と一緒にいる間は幸せを感じていますが、ちょっとしたことですぐ不安になります。

メンヘラは「どんなことになってもそばにいてくれる人」を望んでいるので、試し行為として恋人に困らせる行動をします。

自分が異性と話したら嫉妬するか、今すぐ死ぬと言ったら止めてくれるか、つらい過去を話したら優しく慰めてくれるか、ずっと愛してくれる?と聞いたら愛するよと答えてくれるか。

この試し行為でメンヘラの望む答えが得られなければ、非常に怒ります。「私のこと好きじゃないの?」、「俺のことなんてどうでもいいんだ。」とすねて、メンヘラが納得するまで説得しないといけない面倒くさいメンヘラモード発生。

このような試し行為があるからこそ、メンヘラは嫌われ者、メンヘラは地雷と言われています。

この試し行為は定期的に行われるので、恋人が仕事でぐったり疲れていたり、落ち込むことがあって1人でいたい時でもお構いなしにやってきます。

またこの試し行為で約束したことを少しでも背くようなことをしても怒ります。「俺のこと愛してるって言ったじゃん。」、「私のこと大切にしたいって言ったのは嘘だったの?」

不安で不安で仕方ないメンヘラと付き合い続けるには、強い精神力と距離感が必要です。

キルア
「何してんだよ?

パーム
「あ?決まってるでしょ。罰を与えてるのよ。私の気持ちを踏みにじった罰!罰!!罰!!!

キルア
「ふざけんなよ、無理難題ふっかけてんのはお前の方だろ。

パーム
「ほっといて。関係ないでしょアンタには。

パーム(HUNTER×HUNTER)の名言?/セリフ集 「は?何、言ってんの?」

 

 

自傷がやめられない 皮をむく、爪をはぐ、毛を抜く、リストカットなど

メンヘラの代表的な症状といってもいいのが自傷行為です。

自分の指の皮をはいだり、爪をガリガリと削ったり、頭の毛を抜く、手首や太ももなどをカッターナイフで切るなど、ストレス解消のために自分の体を傷つけます。

これは周囲の人間から止めるよう促されても、決して止めることはありません。多大なストレスを受ける環境下にいる以上は止められないからです。

タバコやお酒、砂糖などの嗜好品と同じように、自傷をすることでつらい気持ちを一時的に逃れることができるからです。

また自傷行為をするのに伴って、不健康な生活を送っていたりもします。夜更かし、偏食、引きこもり、物に溢れている、日光を浴びないなど、不衛生かつ体に負担をかける生活を送っていてます。

瑠偉斗
「愛華!!?

愛華
「見てよ!!すごい?今までウリした分、刻んだらこんなになっちゃった……。フフフ…瑠偉斗のために頑張ったでしょ?

愛華(ウシジマくん)の名言?/セリフ集 「私のコト……忘れないで……。大好きだよ瑠偉斗。」

 

 

死に関する話題を好む死にたがり

メンヘラは何の脈絡もなく、好きな人に「一緒に死んでくれない?」と持ちかけたり、死後の世界について話したりします。

「苦しみのない二人だけの世界へ行こう。」、「君となら地獄へ落ちたって恐くない。」と冗談ではなく、割と本気で言います。

情緒不安定なので、不意に好きな人の首を締めたり、包丁を突き出したりと危険な行為にまで及ぶこともあります。

また自殺をしようと、首吊りをするために天井にロープを吊るす、飛び降りをするために崖やビルの屋上まで行く、飛び込みをするために車道の前に立つなどをしますが、あと一歩のところでやめます。なんだかんだで死ぬところまでは踏み出しません。

ただし、ロープに首をかけたところでうっかり椅子から足を滑らせて吊ってしまった、崖の前で引き返そうとしたら突風に煽られてうっかり落ちてしまったなど、本当に死んでしまうことがあるので、メンヘラは自殺なんてしないと放っておくのは危険です。

 

 

束縛が非常に強く、監禁して世話(監視)をすることも 

好きな人への束縛が非常に強く、あれもするなこれもするなと指示してきます。

ケータイで男と話をするな、SNSのアカウントは解約しろ、外に出る時は必ずどこで誰と会って何をして何時に帰るか報告すること、用事がない時は外に出るな、など要求は止まりません。

もしルールを破れば罰を与えます。「俺がどれだけお前を大切に思っているか。」、「俺を怒らせたお前が悪い。」などと言って暴行をしたり、大声で怒鳴りつけたり、食事や睡眠を与えなかったりなど苦痛を与えます。

常に好きな人を否定し続けて思考停止させることで、自分なしでは生きていけないように仕向けたりもします。

ここまでくるともはや洗脳の手口とほとんど変わらず、相手もまともに思考できないためメンヘラの言いなりになります。

また好きな人を内側からは開かない部屋に閉じ込めたりなどの監禁も行います。

監禁している間は食事の用意や欲しいものを持ってきてくれたりなど、親身にしてくれることもあります。

自分なしでは生きられないことを好きな人に教えこんで、依存させることができたらメンヘラは満足します。

神堂
「今からまゆみさんの携帯電話の男の登録者、あ行から全員関係性チェックを行います。

まゆみ
(え!?

神堂
「まずは、あ行。明石繁男とSEXしたか?

まゆみ
「まっ、まさか…。地元の同級生です。

神堂大道(ウシジマくん)の名言?/セリフ集 「では、抜き打ち電話履歴チェックの時間です。」

 

 

包丁や首絞めで殺そうとしたり、自分が死のうとする

メンヘラは依存心が強いため、好きな人が急にいなくなると孤独に押し潰されて自分を保てなくなります。

また好きな人が別の人間のところへ行くぐらいなら、いっそのこと殺してしまおうと考えます。死ねばずっと自分の思い出の中で生き続けると思っているからです。

そのため、好きな人が浮気をしたり、別れ話を切り出されると、メンヘラは不安の闇に囚われて殺しにかかります。

包丁やバットなどで襲ってきたり、思い切り首を絞めたりします。「俺と一緒に死ぬって言ってくれたじゃん。」、「私のこと愛してるって言わなきゃ殺す。」と、もはや言葉が通じなくなります。

また相手を殺さずに、自分が死のうとすることもあります。深くリストカットをしたり、飛び降りたり、包丁で喉を刺したりなどをほのめかしたメッセージや写真を好きな人に送ります。

ただしメンヘラが自分自身を人質としたただの脅迫である場合が多いので、あまり真に受けるとこちらが疲れてしまいます。

メンヘラと付き合う→ケンカする→別れようとする→急にメンヘラが優しくなる→それでも別れようとする→じゃあ死ぬ(殺す)、という流れがメンヘラとの恋愛と言ってもいいでしょう。

由花子
「あなたが死ねば、あなたは永遠にあたしのものになる。あたしだけの心の中の思い出に一生残るものね……。さっさと答えなさいッ!

康一
「言ったってわからないから、こんな目に遭ったんだよボクは!嫌いだっていってるんだよ。君にすでにさあ。

由花子
「!!ブッ殺すわッ!康一くん!

山岸 由花子(ジョジョ)の名言?/セリフ集 「絶対に!愛させてみせる!さもないと…。殺してしまうかも…。」

 

 

自分に都合の良い思い込みをしてストーカーをする

別れた後のメンヘラは高確率でストーカーをします。無断で好きな人の自宅まで来たり、SNSで好きな人のアカウントをずっとチェックしたりなど。

好きな人と今まで一緒にいたことはメンヘラにとって大きな支えになっていたため、いきなり無くなってしまうと心が保てなくなり、ストーカーをしてしまいます。

そしてメンヘラはストーカーをする大義名分(現実逃避)として、「あいつはきっと俺に会うことを恥ずかしがってる。」、「私とやり直したいけど自分から言いだせないんだよ。」、と自分に言い聞かせています。

別れた後もメンヘラに執着されることで、メンヘラとは二度と付き合いたくないと思う人が絶えません。

[Web日記]
おっと!
運命の人
瑞菜にまた
出会えたよ~

朝ケンカして
シカトされた
けど、瑞菜の友達に
ついてけば、
また会えると思ったんだー
瑞菜のコトは
なんでも知って
いるのさ。

瑞菜は
はずかしがりや
だから、
自分の想いを
うまく伝えられ
ないみたい。
でも、
俺には全て
わかっているのさ。

沼田幸一(ウシジマくん)の名言?/セリフ集 「俺がどんだけお前のコトを思っていると思う?え?え?」

 

 

 

治し方(受け入れ方)

人はみんな孤独であることを認める

「自分のことを愛してくれる人がほしい。」というのがメンヘラの言い分ですが、人は利害なしで他人と付き合うようなことはしません。それは友人であっても、恋人であっても、家族であってもです。

「愛」というものはあるようで、存在しません。「神さま」と同じです。自分の行いを正当化する時に便利な単語に過ぎません。

尽くす事に喜びを見出すヤンデレは一見、愛に溢れている存在と感じるかもしれませんが、実際は自分だけを見てほしいという見返りを求めています。だからこそ尽くしています。

「人間はみんな孤独で、自分の快楽しか考えられない」ことを受け入れられないと、ずっと愛情という幻想を追い続ける哀れなメンヘラのままです。

 

 

世間体か大切な人かどちらかを選択する 両方とも得ようとしない

メンヘラになってしまうのは、周囲に認められたい自己顕示欲、自分についてきてくれる人を得たい欲求の2つがあるからです。

周囲から認められて社会的地位を高くしたいのであれば、恋人や家族を作るようなことはしないでください。

自分のことを大切に思ってくれる人が欲しいのであれば、社会的地位を得ることは諦めてください。

この選択ができずに、社会的地位と好きな人どちらも得ようと欲張るからメンヘラに陥ってしまいます。

自己顕示欲の強い人がメンヘラになりやすいのは、自分の中の強欲に支配されてしまうからです。

 

 

精神科へ行ってカウンセリングを受け、薬を処方してもらう

不安に陥りやすかったり、怒りや悲しみの衝動が抑えられない場合は、精神科へ行って診察してもらうようにしてください。

またカウンセリングを受けることで、自分の話を聞いてもらえるという環境を得られるのは非常に大きな進展です。

メンヘラという症状は薬を飲むだけでは絶対に治りませんが、孤独の不安を軽くするために精神科へ通うのは必要不可欠です。

たとえ周囲から白い目で見られたとしても、自分自身のことを大切にするために精神科へ行くようにしてください。

良いお医者さんが見つかれば、メンヘラから変われるきっかけになるはずです。

 

 

メンヘラの支えとなっている人がいなくなるのを待つ

メンヘラが「自分のことをずっと愛してくれる人が欲しい。」と願い続けるのは、支えとなっている誰かが必ずいるからです。

食事や家などの世話をしている人(親や恋人)、体目当てに近づく人、社会性やお金目的で近づく人など。

彼らがいる限り、メンヘラがメンヘラを治そうと考えることはないでしょう。

「きっといつか私を連れ出してくれる王子様が来てくれる。」、「きっといつか俺のことをわかってくれる女神様が現れる。」と言わんばかりに待ち続ける日々。

メンヘラ本人が「これではずっと1人のままだ、自分が変わるしかない。」と思わない限り、メンヘラが治ることはありません。

高学歴男や容姿の良い女性だとこの先、十何年とメンヘラのままでいることになります。自分には社会性があって向こうから勝手に人が寄ってくるから。

そしてメンヘラのまま結婚してしまえば、DV家族、毒親へと成り果ててしまいます。新たに生まれる子供が親のメンヘラを受け継いで育っていくという結末で終わってしまいます。

 

 

 




[スポンサードリンク]




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。