メンヘラソングっぽい歌、BGM、OST集 全6曲 (dove、尽きる、An Eagle In Your Mindなど)

   2017/12/12





[スポンサードリンク]




 

メンヘラっぽいBGM、OSTの紹介記事です。


 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

解説

メンヘラを印象づける歌、OST集

個人的にメンヘラっぽいなと感じた曲を集めてみました。

儚くも美しい、少しふれただけで壊れてしまいそうなもろさを感じさせる曲がメンヘラの印象を与えます。

また鬱々としてよどんだ空気を表すかのような曲調も、メンヘラの不安定な心理を感じさせます。

ヤンデレのようにドロドロとした曲調と優しい音色の混じる曲とは対照的に、いつ消えるかもわからない危うさと美しさ、不安定さがメンヘラを象徴しているように思います。

ヤンデレを彷彿させるBGM、OST集 全3曲 (最上級の愛は狂気を孕んで、Chocolate Lovely、34 ibiza spliff)

あくまで個人的にメンヘラぽいなと感じただけなので、人によってはまったく違う場合があります。予めご了承ください。

 

 

 

dove - antihoney

美しく、そして不安をも感じさせる、幻想的なメロディーが印象的な曲です。

メンヘラのように破滅的、そして刹那的な姿を思わせ、退廃的な美しさをも感じさせる素晴らしい一曲です。

Antihoneyさんは日本人アーティストで、作詞作曲いずれも自分で手掛けています。

 

 

尽きる - ドラッグオンドラグーン

バッドエンドしかないゲーム、「ドラッグオンドラグーン」のBエンディングで流れる曲です。

ある男が最愛の女性を生き返らせようと奮闘するも、異形の怪物に遂げただけだった、という悲しい結末のエンディング。

エンディングは全部で5つありますが、どれも報われない結末しかないので、BGMもダークで不安定な曲が多いです。

尽きる以外に、母親に愛されなかったマナと対峙する時に流れる「第八章 最終」や、世界を滅ぼそうとする神を食い止める「D路スタッフロール」もメンヘラの不安定さを感じられるのでおススメです。

 

 

 

OST

Promise (Reprise) - サイレントヒル2

ホラーゲーム「サイレントヒル2」で使用されているOSTで、アンジェラ・オラスコという女性が、主人公ジェイムスと再会する時(1回目)に流れます。

アンジェラは過去、父親に性的虐待を受けており、包丁で父親を刺し殺しています。自分の父親を殺してしまった罪の意識と過去の性的虐待に苦しみ、刺殺に使ったと思われる包丁を持ち、サイレントヒルを彷徨っています。

ジェイムスとの3回目の再会で、アンジェラは自分に優しくしてくれるジェイムスに対して、

「いいの、私にはそんな資格ない。それとも助けてくれる?ずっと守ってくれる?いつも支えて、許して、私を普通に愛してくれる?」と問いかけます。

何も答えられないジェイムスを見て、アンジェラは「フン。ほらね、やっぱり。」と吐き捨て、最後は炎の中へと消えていきます。

3回目の再会の時に流れる曲は「Theme of Laura (Reprise)」というタイトルで、儚くも美しいピアノとバイオリンのメロディーが流れるのでこちらもおススメです。

 

 

A Cygnet - タクティクスオウガ

ゲーム内の表記は「発酵女(お姉さま)」。タクティクスオウガのヒロイン、カチュアのテーマ曲です。

ゲーム終盤、敵側についていたカチュアと再会した主人公デニムは、カチュアを再び迎え入れようとしますが、カチュアはそれを拒否します。

デニムはカチュアを説得するのですが、会話の選択肢が3つあり、そのうちの2つを選ぶとカチュアが自殺してしまうという難しい(面倒くさい)場面があります。

この時に流れるBGMがA Cygnetで、哀愁漂いつつもどこか無機質な雰囲気がより場面を引き立てます。

他にも、デニムについていけなくなったカチュアがケンカ別れした時にも流れます。

デニムとはケンカが絶えず、敵側である暗黒騎士団にほいほいついて行ったりなど、我が道行くカチュア姉さんの心の奥底を表したかのような一曲です。

 

 

Epilogue - Final Fantasy Tactics

FFTのエンディングの最後に流れる曲です。平民から王にまで上り詰めたディリータを、オヴェリアが短剣で突き刺すシーンで流れます。

ディリータは野心のためなら誰であろうと利用しますが、自分と似た境遇を持つ仲間なら、裏切っても逃がそうとするなど、心からの悪人というわけではありません。

しかしディリータを信じ切れないオヴェリアは、自分をも利用されて捨てられるのではないかという不安から、オヴェリアの誕生日に花束を渡そうとしたディリータを刺すことになります。

「…そうやって、みんなを利用して!…ラムザのように、いつか私も見殺しにするのね……!」と言い、刺した短剣はディリータに奪われ刺し返されて死んでしまいます。

後味の悪い流れのまま、The Endの表記が出てゲーム終了。

オリジナルサウンドトラックに未収録の曲なので、正式な曲名はありません。FFTには未収録の曲がいくつかあり、このEpilogueもゲーム内でしか聞けないレア曲の一つです。

 

 

An Eagle In Your Mind - Boards of Canada

深く深くふさぎ込んでいる、鬱々とした心理を表しているかのような、不安感を煽られる一曲です。

曲の真ん中あたりで感情のない声で「I love you」と、ぽつりと言うのは、メンヘラの愛されたい欲求を代弁しているかのようです。

 

 

 




[スポンサードリンク]




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。