「あの人、メンヘラ?」見抜くための傾向や見分け方を知ろう 礼儀正しすぎる、インドア派、不健康など

   2017/11/07





[スポンサードリンク]




 

メンヘラを見抜くための方法について解説した記事です。


 

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

 

解説

メンヘラを見抜き、メンヘラと関わらない

「メンヘラは地雷」と言われているように、メンヘラに一度捕まるとなかなか逃げ出せず、鬱々とした感情をぶつけてくる恐怖の存在です。

そのため、できるだけメンヘラな人とは出会いたくないものです。

メンヘラには特有の傾向と見た目があります。出会ってすぐに見分けるのは難しいですが、会話をしていくうちにメンヘラだとわかってきます。

見た目である程度の判断をし、会話でメンヘラか否か正確に判断できます。

もしうまく見分けられず、メンヘラと付き合うようになった場合は、早めに別れないと大変なことになります。

メンヘラとの恋愛の仕方。上手な接し方と、無傷で済む別れ方 こころとお金の負担を少なく済ませるために。

 

 

 

動向

妙に礼儀正しい、気を使い過ぎてる

社会性を重んじるため、丁寧な言葉遣いで接してきます。

細かな気配りができたり、親身に話を聞いたりなど頼れる印象を持たせますが、時に近づきすぎたりもします。

大した仲でもないのに弁当を作ってきたり、ボディータッチが多かったりなど、どこか違和感を感じさせます。

あまりにも好意すぎだなと感じたらメンヘラの可能性が高いでしょう。

また社会性の低いメンヘラというのも存在し、その場合は自分のことを極端に卑下して謙虚に振る舞います。

「自分のようなゴミに話しかけてくれてありがとうございます。」といった発言をすれば、メンヘラと考えてもいいでしょう。

 

 

親しくなるにつれて感情的になってくる

連絡を取るようになったり、食事に行くようになったりと親しくなるにつれて、本性を表すかのように感情的な発言が目立つようになります。

出会ったばかりの礼儀正しかった頃とのギャップがあまりに大きいと、メンヘラの可能性が高くなります。

また自分の暗い過去を打ち明け、相手が自分を慰めてくれるか試し行為をしたりもします。

ただ、表裏の激しいタイプのメンヘラだと恋人同士の関係、結婚するまで本性を出さない場合もあり、見分けられずに大変な思いをすることもあります。

どうしても見分けられない時は、恋人の関係になって1ヶ月様子見をして、そこから最終的な決断をするのがいいでしょう。それ以降まで長引くと別れにくくなるので早めの決断が要されます。

 

 

趣味がゲーム、アニメ、マンガなどインドア派

傾向の一つとして、メンヘラは内向的な趣味を好みます。運命の人との出会いに憧れたり、大きな夢を抱いていたりするからです。

メンヘラの部屋は物で溢れていたり、1日中カーテンが閉まっていたり、引きこもっていたりと不健康な生活を送っていることが多いので、結果的に部屋で過ごせる趣味を持つようになります。

趣味がゲームやアニメと答えたら、少し警戒したほうがいいかもしれません。

 

 

 

見た目

肌が白い、顔が疲れている、うつむいている

夜更かしをしたり、まともな食生活を送っていないなどで、表情や体に不健康さが出ています。

肌が他人に比べてまっ白だったり、目の下にクマができていたり、猫背によって首が前に出ていたりと、ネガティブな印象を与えます。

ただし社会性の高いメンヘラの場合、姿勢もビシッとしていて見分けにくいため、1日の生活習慣を聞くことで判断材料の一つになります。

 

 

自傷痕が手首や足にあるかチェック。リストバンドや長袖などで隠してる場合も

重度のメンヘラである場合、自傷していることがほとんどなので、腕や足に自傷痕が残っていたりします。

軽いメンヘラの場合でも、指の皮を削っていたり、爪をはいでいたりするので、手を確認するといいでしょう。

またメンヘラ本人に、「イライラする時って指の皮や爪をガリガリやっちゃうことない?」などと聞いて、反応を見るのも一つの手です。

 

 

ゴシック系のファッションを好む(女性のみ)

退廃的なものを好むのか、私服はダークなゴシック系の服装を着てくる傾向があります。

流行り廃りの激しい女性ファッションをあまり意識せず、自分の着たいように着る主義のため、割と服装で見分けやすかったりします。

無難な服装を着ていた場合は、「どんな服装が好き?」と聞くことで、見分けることができるでしょう。

 

 

 




[スポンサードリンク]




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。